Tinder冒険:happnは終了しました

デミロマのXジェンダーで色々とこじらせた20代が出会い系アプリでやらかしたことを記録する

気がある素振りと愛する態度は似て非なるものだ

このタイトルだけつけて、下書きになっていた。

内容が真っ白だけど、いったいこれは何を思って書いたのだろう。

(せっかくだし適当に推測して書く。笑)

 

  • 気がある素振り
  • 愛する態度

 

「この人、自分に好意があるのかな?」

と、判断する際には言葉や行動を見るものだ。

 

素振りは目的のある行動であって、

態度は感情の表れだ。

 

常々、言葉ほど当てにならないものはないと思っている。

(セックスしたいだけの男ほど頑張って褒めるものだし。)

 

例えば、怪我をした時にどんな言葉をかけるかという話がある。

愛があるなら「大丈夫か」と相手を心配する言葉を投げかけ、

体面を1番に気にしていたら「みっともない」と注意する、というような。

 

態度というのは、日々関わっていく上で、にじみ出る本音だと思う。

 

気のある素振りを見せる人っていうのは、

目的が達成されないとなると早々に離脱する。

言動も、どこか演技がかって白々しい。

そして何より、自分がしてもらいたい行動をさせようと、

相手をコントロールしようとする。

 

愛する態度を見せる人は底なしに優しい。

面倒を喜んで引き受ける。

そして、どんなに手を出したくても、相手の感情を優先する。

言動からではわかりにくいかもしれない。

けれど、こちらは時間がたてばたつほど本物だと納得させられる。

 

本当に好きだったら、私は時間をかけて良いと思う。

心の底から人を好きになっても良いと思う。

 

どんなにつれなくても、

あきらめない姿や無償で自分を受け入れる態度は心の隙間に染み込んでくる。

 

信じたくても信じられない人間関係が多い中で、

捨て身で愛することができる人は、それだけで尊いと思う。