Tinder冒険:happnは終了しました

デミロマのXジェンダーで色々とこじらせた20代が出会い系アプリでやらかしたことを記録する

結局Tinderは現実に反映させるためのトライアンドエラーな立ち位置にしかならない気がしている

※これにはもちろん、個人差があります。

 

女性の方とも会っているのですが、

実際に男性とおつきあいした人も中にはいるらしいですね。

最初は私もそうなるつもりだったんですけど・・・

 

今現在、どうしても私は「現実」に「帰って」失敗をしないための、

試行錯誤のためのツールとして捉えてしまいます。

 

Tinder上では私は相手と会った時に「どんな人間か」見せ方を選べます。

現実では出せない面を出すこともできるし、

どちらかというとリアル版「裏アカ」のような気分で使っています。

 

全くの赤の他人には期待されたキャラを被らなくても良いというか、

関係性の地続きを意識しなくて良いのが気楽というか。

なんども対人関係の練習ができて楽しいです。

 

ただ、あくまで「練習」なんですよね。

どうしたらこのタイプの人は喜ぶだろうかとか、ツボだろうかとか。

立ち居振る舞いや話の仕方はなにが可愛がられる要素かとか、

小耳に挟んだ技巧的なものを実践してみたりとか。

 

モテたいというより、

この人って思った人と続いていくためには

どうしたら良いのかなということばっかり考えてしまうあたり

この数カ月で本当にクズに育ったなあと思います。

 

いつもTinder上の会った相手とのリピート率を考えてしまいがちです。

この数カ月の結論としては、率を上げるなら

肉体関係をはやくから結ぶべきではないというところでしょうか。

 

はやくから相性がわかった方がいいっていうのはその通りなのだけど

ちゃんと欲と人間性を分離して考えられる稀有な人材のみに適用すべき。

(悲しいかな、相性が良くても間が悪くて続かないこともあるし。)

 

最初は欲望をニンジンにしておいて、

欲抜きに会いたいなと思わせられる関係性を築かないと

会ったらすることするだけになりがちな気がします。

 

会っただけで幸福ってのが、お互いにとって幸せじゃないのかな。

セックスは関係のスパイスくらいで良いと思うのですよ。

 

性欲が強ければいいけど、

好きでもない人に平常モードの時せがまれても

 

「えー、またすんの・・・」

 

ってなテンションなので

だんだん、会いたくなくなってきます。笑

えない。

 

何度か断ると音信不通になる人もいますし。失礼しちゃうわ〜。

どの口が言うんだって話だけど、失礼な態度だけはとらないもんね!!

(したいっていうメッセージだけ送ってくる人にも返信はする。)

手応えないなら次に行こうって、物じゃないんだからさ・・・

 

てか、あまりにもゲス野郎が多いので、

自己防衛的に「本気にしない」って決めてしまった気もします。

 

もちろん、性格の良い人だっているし、

ダメな要素を引き出すコミュニケーションをしたのは私でもありますが・・・

男性諸君、酩酊状態になった女を抱くのはレイプです。

 

酔ってニャンニャンしたって別に良い。

なんならタイプなら誘い受けすることだってあるさ。

 

でも、誘われてるか否かが分からないような

推しが強いだけの男性はそのうち通報されると思うよ。

 

ただし・・・イケメンだったら

会ったその日にその場限りでも一線こえるけど。

合意って難しい。

 

要は、ゲスだなあって思うのって単純に失礼な人が多いんですよね。

そこまで私がいわゆる”イイ女”じゃないからかもしれないけど、

だったら、ゲスにはイイ女を選ぶ権利が果たしてあるんだろうか。

 

まあ、リアルじゃできないことを楽しむのも

出会い系の醍醐味ですしね!!