読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tinder冒険ときどきhappn

デミセク&デミロマのXジェンダーで色々とこじらせた20代が出会い系アプリでやらかしたことを記録する

Tinder、はじめました

なにこのマッチ率。

先輩(♂)が勝手に限界数まで選別した(概ね)イケメンたちがマッチ欄に並んでいく。

ピロピロなり続けるスマホに「おお・・・」とつぶやきながら、盛写真の威力のすごさを実感した。

 

とりあえず自己紹介

恋愛に興味も関心もあるものの、恋愛感情はあまりわからない。

1度だけ恋はしたことはある。でも、捉え方に世間とのズレを感じる。

性自認もしっくりきてないライトなXジェンダーというのが私の属性です。

履きなれない靴を履いているような感覚はあれども、特に支障もなくセクマイの活動をすることもなく、ふんわり生きています。

 

そんなこんなで、あまりに浮いた話のない私に対して先輩が見るに見かねて、自分も使っている”ガチじゃない”出会い系アプリのインストールをすすめたようで。

始めたきっかけが特に盛ってるわけでも出会いが強烈に欲しいわけでもないので、とりあえずネットに転がる虎の巻を見ながら、どんな人が使ってるのかな〜と手探り中。

 

 

ブスでもモテるTinder

私の容姿だが「美人ではない」女子のクラスタに分類される。

これは自他共に認めるところで「まあ悪くはないけど芸能人には足元にも及ばないよね」って総意が取れている。

リタイア間近のお金をお持ちのおじさまからの受けは良い。外人さんにはモテる。

手が届きやすくてハードル低いわりに頑張ってくれれば友達にもギリギリ自慢ができなくはないといったところだろうか。年齢を重ねるとコスパで判断するのかなやっぱり。カワイイは特殊メイクばりに作れるものだし。

 

さて、前置きが長くなったが、私は写真を”盛る”技術もなければ、メイクの腕も素人以下というスペックだ。以上からブスの領域で生息していると自認している。

 

1日目。1度目のザッピング終了後。

マッチ数:69 星:1

メッセージがきたのは20

 

本当、モテ期が到来したのかと思ったよね!!

 

なにこれびっくりだよ、女はモテるって書いてあったけど、ハードル低すぎるでしょ。出会い系のポテンシャルすごいなと思いましたよ。えええ・・・

 

ただ半分くらい外人さんだったので、そこはかとなくヤッパリネ〜という感じ。

でも、普段ならOKでないnotラテンな欧米系の方から星がきたのは興味深い。だって星って1日1回までなんでしょ?課金して送りまくってる可能性も否めないけど。

 

以上が1日目の戦績です。

次の記事でメッセージの分類します。